FC2ブログ
LewisiteBlog
-ルイサイトブログ-
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/09/24(月)   CATEGORY: 刺激的ライフ。
部のメンズたち1
さて先日チラっと書いておいた栗田さん(仮)という男性。

記事はこちら→クライアント様とその後2

今日はこの人との出来事でも書こうと思います。


栗田さんと知り合ったのは、4年くらい前?

全く違う部にいた彼でしたが、
デキル男としてかなり有名で、
おまけに私の隣に座っていた部の女性の同期。

しかもその女性のことを好きだったのに振られた挙句、
違う女性とできちゃった婚をした、
という事でなにやら有名なメンズでした。

一度だけ、部の先輩が栗田さんを誘って
ランチを一緒に食べたことがありましたが


「○○ちゃんが(私の隣の女性ね)結婚しちゃったよ。
ショックだよ。
ほんと好きだったんだよ。マジで」

を、ランチの間中、ずっと言っていたかと思います。


初対面の、この、あたしが、

目の前にいるって言うのに

結婚した女の話をいつまでも引きずってる!

あんた子供まで作ってるくせにさ!!!


なんて女々しい男なのかしら。


内心そう思った自分がおりました。




そして月日は経って、隣の女子の結婚式で、栗田さんと再会。


この日、べらんめいに酔っ払っていた私ですが
2次会会場にて、遠くに座っていた栗田さんを
指先ひとつで呼び寄せたようです。

人差し指チョイチョイでカモンってやるアレで。
(本人に聞いた話)


そして、案の定隣の女子の結婚に愚痴りだした栗田さんにダメだし。


「目の前にこのあたしというものがありながら、
他の女の結婚をいつまでも嘆くなんて

なんか栗田さんて女々しいよね。

しっかりしなよ!」


とかなんとか。言ったとか、言わないとか・・・。


事実思ってたことなので言ったに違いない。


翌日会社で会った栗田さんは、
なんだか妙にびくついており、
その日から彼は私のことを恐れるようになってしまいました。


まぁ他の部でしたし、関わりあうこともなく月日は経つのですが。


2011年4月。


部の異動でなんと、栗田さんがうちの部に配属。

残念なことに、栗田さんの好きな女性はこの頃すでに
妊娠→産休でいませんでしたがw


彼の歓迎会で、「本当に怖かった」と、私のことを恐れおののく
栗田さんに「本当に覚えてなくて、ごめんなさい」と平謝り。
酔っ払ってそっち方面に人格変わる事って少ないんだけどなぁ。

とにかく栗田さんに対しては誤解を解きたい一心でした。


だって、嫌われたくないもんッ


それで、その後のあの、クライアント佐々木さんとの飲み会につながるのですが。


こちらの記事でも書いたとおり、
またこの日もベランメイに酔っ払っていた私。

栗田さんの粋な計らいで、佐々木さんをタクシーで送り届けた後、
栗田さんと一緒にタクシーに乗り込んだようです。

で。

なんか覚えてないんだけど。


たぶん私の身体は、栗田さんの方向を向いてたのかな?
腰からぐりってねじってたのかな?
もしかしたら、足とか乗せちゃってたかな?
覚えてないんだけど。

気づいたら、栗田さんが

「あーもう、無理!君が悪いんだからな!」

って言って顔を近づけて来た気がする。

とこまでは、覚えています。



そっからマジで記憶ない。



翌日本人に聞いたら。

ほんとに覚えてないの??マジで??
車で送ったじゃん。とか。ショックです。とか

なんとか。


そんなことがあり。つつ。


妊娠後、最後の飲み会のときだったか。
その前のときだったか。


この頃の飲み会では私と栗田さんが隣に座ることが多くなってきました。

意識的に。てのもあったかな?


栗田さんたら。
数年前はあんなに私のこと恐れていたくせに。

いつのまにやら


「欲求たまったらいつでも歓迎だよ」


だなんて。


不倫のお誘いをうけるまでになりました。


いや、ナイナイ。
ないからマジで。


ちなみに栗田さんとタクシーの中でチューしたらしいのですが
その記憶は私の中で封印と共に消し去っていたので

本人に「何を」とは言わず「本当にあの日のこと覚えてないの?」
と何度言われても「覚えてないんです」としらばっくれていましたが

「あの日、佐々木さんチューされました」

とか言っちゃった私に

「俺らなんて、もっとすごいことしたけどね」

と、若干勝ち誇った栗田さんに、

さらに負けず嫌いが出てしまって

「佐々木さんのは、そんな激しくないですけどね」

なんて言って

やっぱり実は覚えていた・・!

と、栗田さんを興奮させたりしてしまいました。



ま、うろ覚えだし。

覚えてるのはそのくらいだけどね。


栗田さんは、嫌いじゃないけど要注意人物だったりします。
私がしっかりしてれば平気かな~?


にしても、
最近既婚者にモテルようになったのは、なぜ?


スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2012/09/21(金)   CATEGORY: 恋する恋バナ
オキニくんたちとのその後
オキニ君とか一言にくくっちゃうと
誰が誰だかよくわかんないんだけど。

こちらも2人いました。

一人は友達のBBQで知り合った爽やか青年、ヒロミ君(仮)

もう一人は今の派遣先の会社の先輩、
俺様ジャイアン的な小平先輩(仮)


関連記事はいっぱいありすぎて
発掘面倒なので、なし。


本命はヒロミ君だったけど、
なかなか彼との関係が進展せず
その間に知り合ったのが小平先輩。

それほど気にしてなかったけど、
酔った勢いでチューとかしてからなんだか気になりだした。

ひどいときは隔週

ヒロミ君とデート→やっぱり好き!

小平先輩と情事→あれこっちもいいかも?

ヒロミ君と情事→やっぱり楽しい!でもなんか寂しい!

小平先輩と情事→付き合ってって言って見ようかな!


とユラユラしている時があったかな。
懐かしいよね。


ま、今思えば小平先輩は、私に気持ちがかったよね。

だって全部私から誘ってたし、私から襲ってたし
彼は寝たきりの介護老人みたいだったもん。

オメーも参加しろよって、ちょっと思ったもん。

嫌いじゃなかっただろうけど
来るもの拒まなかっただけで
好きでもなかったと思う。

つか、あのころのイケイケな私に
ドンびいていたのかも知れないよね。

今なら冷静に客観視できる大人になった気がするー


んで、彼、小平先輩とのその後、ですが。


私が押せ押せGOGOしてたときに、
いつの間にか彼女ができていて、
他人のものに興味のない私はすっかり恋心も冷め
別の人と付き合うことになったのよね。

その後、小平先輩とは何の因果か、
同じ部になったり、席が隣になったりとかしてたけど
一度冷めた感情には、何も芽生えなかったので何もなかった。


そして、私はその後結婚。

席も離れて、会話することもなくなったころに、
風のうわさに、小平先輩ができちゃった婚をすることを耳にします。


なぜかちょっと、ショック。


本人も動揺してたみたい、ざまぁ。
そして今年の春頃だったかな。

無事に父親になったそうです。

幸せなのかどうかは、知らないけどね~ぷぷ。



さて、もう一人のオキニ、ヒロミ君。

彼ったらまた、不可解!

定期的にデートには誘ってきてくれたり
メールをくれたりするんだけど

じゃぁいざ会おう!ってなると

すぐにドタキャン。


私の気持ちは、上がったり下がったり、
動揺を隠せない心電図の様にグラグラと変化していました。


何度もやめようって思うの。

でもやめたって思ったころに、連絡がきて。

もぅ、この、テクニシャン!


最終的に、私はヒロミ君に告白することになります。


「すごく好き。付き合いたい」


とかなんとか。


彼は、だまったままでした。

それから、時間をかけて


「ずっと彼女がいない時間が長くて、
どうやって付き合ったらいいのかわからなくて」


と、ワケワカメな事を言って。

そして、でも、会えるように努力するね!
なんて言って。

私も、それを信じて、
ハッキリした答えがもらえなかったことへの不安は
あったのだけど。

結果的にその後、彼からは一切連絡が途絶えました。

私からも、無理にメール送ったりしなかった。



その1ヵ月後。


私は、今のダンナと付き合うことになる。


もう、ヒロミ、ヤーメタ。


って。


結婚する気満々だったのにねー(勝手に)


しかし、ダンナと付き合って幸せやってるときに限って
いけしゃぁしゃぁと

ヒロミ君からメールが来たりする。

「元気?今やってる映画、面白そうだよね!」

とかそういうドウでもいいやつ!

あわよくば

「えー私も見たかった!行こうよ!」って

誘ってくれないかな?みたいな探りメール。


実はすごく動揺したけど、返事はしませんでした。


それからまた、1年後、2年後、

たびたび彼からメールが来ます。

そのつど、近況報告とかだったけど。
一度だけ、久しぶり!ってメールしたことはあったけど
特に会うこともなく。


そして私は結婚、妊娠。


その間も2回くらい、彼からメールが来たけども
返事せずに終わっています。


そしたら先日さ!

産休で実家に帰って来たら

LINE宛にメッセージが届いてた。。

LINEって、相手が私の番号登録してると出てきちゃうみたいね。




で、彼のメッセージ、というのが・・・


傘持ったカエルの絵


だけ。



意味わかんねぇ。。!



せめて一言「元気?」とか、
「間違えたー!」とか

書けば??????


いつかのオキニも、のどもと過ぎればただの人。


グッバイ。オキニ君たちよ。

幸せになってね。


彼らとのその後は、そんな感じ。

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2012/09/20(木)   CATEGORY: 母。
オトコノコのカタイトコ
ちょっとその後の話小休憩。


そういえば私あともうちょっとで出産ですよ。

って事で、最近は胎動もますます激しくなってきました。

おなかから足かなにかがニューって突き出してくるのがわかるくらい。

おなかの形が変わるほどね。


でね。

そんな私のおなかを母に見せながら

「ねぇ見てみて。すごくない?これ。

ここと、ここ。

今かたいものがここにあるんだけどさ。

これって足かな?

こっちは1センチくらいだからかかとかなぁ?

こっちは5センチくらい。

このかたいの、足だと思う?」


とか言ってた私に対して、母。


「おちんちんじゃないの」


え。

そんなばかな。


いくらなんでも、そんなにかたかったら
このBaby、今、私の腹の中で勃○してるって事になるんだけど。


「・・・そんなにかたいものなの・・?」


と、恐る恐る聞いた私に対し

母も気づいたのか。

「さぁ」

とだけ言ってました。


会話はそこで終わりました。

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2012/09/19(水)   CATEGORY: 刺激的ライフ。
クライアント様とのその後2-2
つづき。

で、バレンタインデーの夜だったかな。


会社の電話が鳴って、
たまたま電話に出たら佐々木さんじゃないですか。

あらお久しぶりですね。
みたいな。


そしたら佐々木さんがね
こんなことをおっしゃるの!


「今日バレンタインじゃないですか。

おかしいな、僕、Nさんにもらってないですよ。」



もちろん冗談でしょうけども。
半分本気だよねきっと。

「あれ?まだ行ってません?

忘れたころにやってきますよ」

なんて適当に返事したんですけど。

そんなこと言われたらあげないわけにいかないじゃーん。


なので会社帰りに適当に買って
一応名前入りのメッセージカード入れて
翌日会社のメンズに渡してもらいました。


後で思ったけど、適当に買ったから
パッケージにドクロマークとか入ってたけど
大丈夫かなぁ?
しかも700円くらいの。


佐々木さんからは

「むっちゃ義理でしたけど、

素直にうれしいです!」

的な返事が、会社のメールにきました。


そのメールには、
携帯のメールアドレスも添えられていました。


来たー。
直接来たー。
佐々木さんの個人ケータイアドレスゲットだぜー。


ていうか家庭崩壊の危機?大丈夫かしら。


なんか適当に携帯にメールしたと思います。


夜、興奮気味の佐々木さんからのメールが何通かあって


チョコレートのお礼に
お食事に行きましょうとか
そんな内容のメールだったと思います。

ちょこまか来るので面倒になって途中で返信やめちゃったら

そこから先は、メールがとまりました。


あ、そういや彼ってネガティブだったな。


ま、いっか。


そしてホワイトデーは、

なんとそのまま音沙汰なし。


なんですと?


せめてお返しくらいくれてもよくない?

私が自腹でチョコ買ってるんだし!!



気の利いた私ならそのまま
「ホワイトデーのお返しもらってないんですけど」
とかメールすればよかったかな。


つかまぁいいや。

私、妊娠しましたし。

佐々木さんとのお遊びもここまでかな。



なんて、思った矢先

『○○の件ですが、参加いたします。よろしくお願いいたします。佐々木』

という不可解なメール

そのすぐ後に

『あ、すみません。間違えました。』

なるメール。



これに気づいたのは2通目のメールの2時間後くらい後でしたが

なにこの怪しげな間違いメール。

本当に間違いメールなの???


と、内心思ったけど一応返信。


『いえ大丈夫です~』

するとすかさず

S『ほんとスミマセン・・!
それにしてもご無沙汰していましたね!
最近声もあまり聞けないし
Nファンとしては寂しい毎日です』

あらそう?

まぁ最近は新人さんたちがみんな取ってくれるからねぇ

S『できればまたおいしいワインを飲みに行きたいです。』

出たよ本音?

N『わぁうれしいです。と言っても今実はお酒飲めないんですが』

S『ということはまさか、ご懐妊ですか!?おめでとうございます!』

N『まだ内緒ですけどね』

S『じゃぁ飲みにいけませんね・・』

N『まぁお食事くらいでしたらw』


と、チャットみたいなメールをいくつか。
だんだん面倒になってきて
また途中でやめちゃったけど。


それから、何度か会社の電話でチラホラ会話したのですが
先輩から

「最近佐々木さん、新人ちゃんのこと気になってるみたいだよ」

なんて噂話を聞いた瞬間

なんかドン引きー


うそでもチヤホヤされるの好きな私には
この先輩の一言が結構衝撃的でした。


なーんだ。誰でもいいんじゃん。
(人のこと言えた義理じゃないって?ウフ)


そうして佐々木さんとの関係は、
特に進展する事もなく、
終わりました。



終わった、と思います。


産休に入る、出勤最後の日の夜。


彼からお疲れ様的な、
「もう二度と会えませんね」的な、
ネガティブなメールが来たのですが


「私の最近の夢は、
ワインを浴びるように飲む事です♪

そのときには是非お付き合いくださいね!」

なんつって。

適当に媚売って終わりました。


佐々木さんの最後の一言は


「絶対ですよ!」


でした。


さぁそんな日が、いつか来るんでしょうかねぇ。





[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2012/09/19(水)   CATEGORY: 刺激的ライフ。
クライアント様とのその後2
で、クライアント様、もう一人の方。

空気の読めるネガティブなムッツリ
佐々木さんとの、その後。


関連記事はこちら

記事1→気になるひと

記事2→クライアント様とお電話

これまで、ずっと電話でしか接してこなかった佐々木さん。

いつの間にやら私の名前を聞き出していて
だんだんと、関係ない話をする仲になってきていました。

そうこうしているうちに。

たまたまクライアントの会社で打ち合わせがあり、
佐々木さんと同じ部署の女性との打ち合わせだったためか
打ち合わせ終わりに、

「あ、佐々木を呼んできますね!」

なんて気を利かせた女性により
佐々木さんと名刺交換をする羽目になりました。

もう、顔とか見ない方が絶対いいのにさ!


つか、佐々木さん、この女性にまで
私のことお気に入りとか、なんか言ってたんかい??


それが3年位前?
1分くらいの出来事だったから
それほど顔も覚えてないけど

背が高くてメガネのインテリ40歳て感じの方でした。

銀縁メガネがキラっと光る、カチっとした感じ?


それからしばらくして、
部の男性先輩から佐々木さんのメアドを
極秘に渡されるのですが

佐々木さんが3人の子持ち、ということを知って

私だって彼氏いるし、変なことになりたくねーよ

と断ってメールしたりはしなかったのよね。


そして月日は経ち。


2年前くらいかな??


部署移動で新しく入ってきた男性、栗田さん(仮)
から電話がかかってきたの。

私宛に。

栗田さんとは、実は過去にひと悶着あって、
これも今度書こうっと。

栗田さんに嫌われたくないー
とかちょっと思っていた私は
その内容が

「今佐々木さんと飲んでるんだけど、Nさん来れないかな?」

ってものだったのですが。


栗田さんのために、

そして安易な興味本位のために、

会社のために、、、

OKしちゃったんだよね。




そんなわけで、ついに実現してしまった

佐々木さんとの飲み。



ちなみに佐々木さんは、うちの会社からは
かなりの重要人物らしくて、
この人を抑えておかないと仕事がなくなる危機がある
くらいの人。らしい。

なので彼のお気に入りの私が
接待要員として、呼ばれたものと思われます。


Nを差し上げる代わりに仕事くれ。


みたいなー?


まぁ栗田さんが一緒だから、大丈夫かな。


なんてね。



そして私はほぼ初対面のような佐々木さんの隣に座り、
ワインをどんどん飲み干して

ほぼ初対面だと言うのに
気づいたら佐々木さんとかなり密着してました。


久々の、ブラック発動?


手とか完全に握ってたよ。
佐々木さんの足の上とかで握り合ってたよ。
たまに佐々木さんの手が私のひざの間にあった気がするよ。
最終的には栗田さんがいない隙に、
ほっぺにチューとかされた気がするよ。
私は佐々木さんを下から見上げて、
にこって笑って彼の胸によりかかったりしていた気がするよ!


怖い子!


本気で酔ってたのでまた記憶はさだかじゃないんだけど。


この後、栗田さんの計らいで
無事に解散になり、
佐々木さんをタクシーに詰め込んで笑顔でさよならいたしました。

無事(?)でした!




で、また月日が経ち。


2012年バレンタインデーに再び事件が・・・??



ちょっと長いので眠くなりました。

いったん切る。


[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © LewisiteBlog. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。