FC2ブログ
LewisiteBlog
-ルイサイトブログ-
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/09/29(火)   CATEGORY: 他愛ないこと
心配される
連日仕事が半端ありません。
社員様が帰宅しても
仕事が終わらず1人残業。
の、毎日です。

そんな今日ですが20時30分頃
クライアント様からお電話が。

クライアントの会社は基本19時以降
会社にいては行けないらしく
この時間に電話はほんと珍しいです。

「こっちはもうあがるけど、
まだ終わらなそう?」

「そうですね~」

「もう、ダメ。
早く上がんなさい。

ちゃんとカラダ、考えて?」

あ、ちなみにクライアント様は
40代の男性です。

あらスミマセン、そんな、
気を使っていただいて。
光栄です。
期限付きの仕事たんまり。
くれたの、

あんただけどな。

キィ。


そして21時半頃、
「先に帰っちゃって
ごめんなさい。
お身体に、気をつけて」
と部の男児に言われ

節目がちに
ありがとうと微笑しましたが

お前ら合コンの反省会に
飲みに行くんじゃねぇか
あたしも誘えよ、
行かないけどッ

と軽くイラつきました。

脳内ひねくれてます。
吹き出物が出来そうです。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/09/17(木)   CATEGORY: 刺激的ライフ。
彼の諸事情
えーと。
ちょっとエッチな話し書きます。


部のメンズなんですが
見た目が個性的だけど純粋、
しかし合コンマニアな彼。

毎度毎度、
失敗に終わっているそうです。

そんな彼をちょっと心配したりして
彼を囲んで相談会などが
行われる昨今。

こんな裏話を聞きました。

いきさつは省きますが、
合コンの帰り、
特に好きでもない女子と二人きりに
なった彼。

時刻は明け方…
だいぶ飲んでいい気分。
彼女も少し酔っていて、
手をつないできたりするみたい。

特に好きでもなかったけど
疲れたからと自分に言い訳して
ホテルへ行く事に。

ひとつのベッドで寝ようとしたら
彼女から誘いの言葉。
据え膳食わぬはなんとやら。

女の子も酔っていたし、
ホテルとかだし
なんかシチュエーションに
押されたのかな。

ま、気持ちはわからなくも
ありません。

でいい感じにイチャイチャし始めた
らしいのですが、
肝心なフュージョン直前
彼はこう、言い放ったそうです。

「俺、

入れると好きになっちゃうから
(君の事本気じゃないのに)

口でして」



意味分からん。


口だろうが
下の口だろうが
昇天するなら一緒じゃね?

むしろおねだりしてきた女の子に
失礼じゃね?

それって自分本位じゃね?

好きになったらダメなのかい?


色んな考えが巡りましたが
悶々としました。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/09/16(水)   CATEGORY: 恋する恋バナ
気になるひと
会社に、毎日のように電話かけてくる
男性がいます。
クライアントの男性です。

私とは直接仕事してないので
顔は見たことありませんが
電話対応で毎日受け答えをするだけの
事務的関係です。

ですが彼は、
電話をするたびに謝ります。

「度々すみません…」

「三度(みたび)すみません…」

今日はついに
「四度(よたび)すみません…」
が出ました。

別に仕事ですし。
謝りまる必要ありませんし。
そんなに心ぐるしければ
話したい人の携帯に直接かければ
いいじゃない

と思っていたら
彼と仕事をしている部のメンズに

「彼はNさんの事
相当気に入ってるみたいですよ。
本当は無駄話しとかしたいって
言ってましたよ」

そんな事聞いちゃったら
なんか、意識して
声のトーン上がっちゃうじゃない。

「何度もかけちゃって
すみませんね」
と謝られても
「いえいえ とんでもないです。
何度でもかけてください」
とか言っちゃって。

まぁお互い顔も知らない仲なので
色んな妄想が繰り広げられてしまうのですが、
そこまで気に入られているなら
彼の電話ではピュアで清楚なしずかを
演じきろうと思いました。

ちなみに彼の声はとても穏やかで
たまにイントネーションが関西弁。
最近名乗ってもいないのに
名前を覚えられており
隙をついては小話をする仲になりました。

ま。悪い気はしないよね。
むしろ結構好感度高いよね。
意外と両想いかもしれないよね。

でさりげなく部の方に聞いたところ、
その方はメガネをかけたオジサンで
妻子持ちなんだそうな…

会わない方が、
幸せだなこりゃ
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/09/14(月)   CATEGORY: 恋する恋バナ
カンチガイ2
今日はすこぶる体調不良。
なんかだるい。
なんかお腹痛い。
胃がムカムカする。

会社行きたくないー。

生理じゃないけど、
何でしょう。
登社拒否?

会社大好きだけど。
頭では行かなきゃって
思ってんのに体動かない。

とかうだうだしてたら
どうにもこうにも
遅刻を免れない時間になってました。

とりあえず電話。

「すみません。
体調悪くて…遅刻します。
一時間くらい」

出たのは部のメンズ5歳年下。

「大丈夫ですか?
一時間で平気ですか?

無理しないでください。
僕は、
あなたのからだが心配です」


もーさ。
いいよ。
冗談でも。

そう言ってくれると嬉しい。
合コンマニアだけど、
ほんとは私の事好きなんじゃねぇの。

結局だらだらと出社。

で、出社してみたらとなりの席の女子も
体調不良で遅刻になってた。
その後しばらくして

「大丈夫ですか?
心配だな、
無理しないで…」

とか聞こえて、
5個下メンズから
となりの女子が休みになった事を
聞かされました。

誰にでも優しい男ね…
と、付き合う気が微塵もないのに
少し寂しく思ったりしました。

彼は、その後となりの席で
となりの女子の物まねをして
私を楽しませてくれましたが、
部の先輩に
「くだらないことしてないで、
仕事しろ」
と怒られてました…

ぷ。

ちなみにホントにやる気出なくて、
只今会議室貸切で
ブログ書いてます。

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/09/13(日)   CATEGORY: 他愛ないこと
カンチガイ
昔ね。
ちょっと苦手な人とか
意地悪してくる人とか
怒ってくる人とか。

いるじゃない。
なんでそんな事するのかしら。

とか思って、出した結論がね。

「アタシの事、好きなんじゃね?」

です。

これ、すごいマジック。

あれ?そういえば小学校のころ、
一人が羽交い絞め、一人がおなか殴ったりして
去っていくとかいうやなイベントが
毎日あったのですが
あいつら、アタシの事すきだったんだな。

好きな子ほどいじめちゃうっていうじゃん。

そういえば大学の頃
「あんたの存在がウザイ」って
言ってきた幼馴染に
「じゃぁ、縁を切りましょう。さようなら」って
言ったら
「ちゃんと謝ってよ。
元に戻りたいって言ってんの」
って告白されました。

あら。
勝手に怒ってたくせに
仲直りしたかったんじゃん。
結局私のこと、好きなのね。

その後、謝りましたが
私からは縁を切りました・・
(外道?)

前の会社でもちょっと苦手な女の子が
ストーカーみたいに
私のマンション付近に出没したりしていたし。

そういうのって、私に興味がないと
できない事じゃない?


そうよね。
そうよね。


あたしって、
幸せ者・・。

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/09/12(土)   CATEGORY: 恋する恋バナ
読書の秋
あのね。

2年位前に恋してた先輩が。
話しかけてきた。

昔は全然、酔ったときくらいしか
しゃべらなかったのに
最近よく話しかけてくるような気がする。

ナニサ。

「Nッチ、本読む?」

そんな質問でした。
そんなカレに、私は即答したの。

「読みません」

えへ。
私、本当に読書が苦手で、
読み始めるのに1年はかかるから。
しかも出だしつまんないと本気で放置だから。

ちなみに昔、姉が「ものすっごいおもしろいから!!」
って置いていった小説も
「読まないなら返して」
ってついには言われたくらいですから。

まぁ、それはそれ。

もし2年前だったら
「素敵な本があるんですか?
えー
貸してください!」

とか言ってすぐに読んでいたかも
知れませんね。

私の即答のあと、彼は、
聞いてもいないのに

「この本さー。
超泣けるんだぜ!
電車ん中で読んでてマジやばかった。
号泣もんだぜ。」

とか言ってました。
私は、
私ったら

「へー。

・・・

それは興味深いですね(微笑)」


とか言って、再びモニタをみつめました。

終わった恋愛には
とことん興味なし。

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/09/08(火)   CATEGORY: 刺激的ライフ。
ワインと魔性
さてさて、昨日のことです。

先日、お友達から誘われた
「うちの会社の男子が飲みたいって言っててね~。
エロか清純どっちがいいかと聞いたら
エロって言うから、姉さん頼むわ(笑)」
とかいう飲み会が早速決行されました。

彼女の会社の同部署の男児4人と
お友達女子と私の6人。

「このこは、飲ませれば飲ませるほど
エロくなるから!
どんどん飲ませて」
という友達(あんた、アタシをどうしたいのさ)

いやでもさ。
私脱エロしたしさ。
彼氏もいるしさ。
こないだ「君は酔うと男に見境がなくなる!」
って彼氏に怒られたばっかりだしさ。

酔わねーよ。
いっても。

って、思ってたのに。

中盤、名刺交換の時
名詞を交換し始めた若者男児3人に、
後れを取った先輩男児。

すでに携帯で赤外線通信とか
やり始めてた私達の姿を見て

「あ、もう名詞いらないね・・
俺の名詞、いらないよね」

こっそり言ってたの。
この時、すかさず

「あたし!

先輩の、名詞ホシイなッ」

って言ってた自分がコエー!
何言っちゃってんの。
キモ。

それからいじりたおされる友達を差し置いて
男児達にちやほやされてカイカンを味わいました。
あー。
ちやほやって、気持ちいー。

でも結構酔ってないつもりだったけど、
帰り際にお店でキャンディーをもらって
気づいたらメンバーの中でも「S」を売りにしてた
年下男児に

「はい

とか言いながら指ごと口に
飴突っ込んでました。

年下「S」男に勝負を挑む私の「S(サガ)」

でも、彼の「S」っぷりも見事で
同じ事、やり返されました。
思い出すとドキドキします。
彼が女ったらしでなかったら惚れてます。

で、その後、メンバーの中でも唯一1年位前に
一度だけ会った事ある男の子と一緒に
駅のホームまでいきました。

顔は綺麗な顔してるけど、体型が
ちょっとメタボ系な彼。
この子も年下で、しかも傍観者タイプの「S」
きっと付き合ったら放置プレイとかするタイプよ!

で、この日は私ったら「エロ」を演じねば・・
とか意気込んでたので、
初めて履くオニューのきわどいハイヒールで無理してて
エスカレーターで思いっきり転びました。
(後ろの人ごめんなさい)

しかもヒールの高さに苦戦して立ち上がれずにいたら、
その子が「何やってんすか」とか言いながら
助けてくれたのがなんか好印象。

惚れそうでした。

ちなみにその後彼と別れてすぐに
全員にそれぞれ違う文面のメールを送りましたが、
お友達女子に対しては

「今度は、あなたと二人っきりで語りたいな」

とか書いてる始末。
こえーよ。自分。

誰でもいいのかよ!
性別もいいのかよ!

ワイン一人で1本くらい開けた気がしますが
ここまでくると
自分の中に魔性が住んでる気がしてなりません。

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/09/03(木)   CATEGORY: 刺激的ライフ。
失われた記憶
今日ね、五年ぶりくらいに
昔よく遊んでた姉さんとサシで飲んだわけ。

彼女は、私の前の前の前の前……?
の前くらいの彼氏の同僚だった人。

五歳年上と言うことが本日判明。
(細かい事を気にしない私)

久々だったけど、
彼女の知り合いらしいお店の
カウンターで、たまに店長も交えて
すごく盛り上がったの。

姉さんはムチャクチャよく話す人なのに
気づくとあたしが話してる。
彼女はウンウンって聞いてくれてる。

聞き流してる訳じゃなくて
ちゃんと、私の話に突っ込んでもくれる。

と、気づいた時には食べ物チーズだけで
ワイン4杯くらい飲んだかな。
空腹だったから、ちょっと
酔ったかな。

お店を出たら、姉さんが開口一番

「ていうかさ。

一応店長と知り合いだしさ。
あの店長どうみても純朴じゃん?
あたし一応結婚してんだしさ~

性欲収まりました?

は、ないわ~Nちゃん

返事困っちゃったよ~ッ」


なんて言われました。
つい先ほどの話なのに、
すでに記憶喪失で

あたしったらそんな事
言いましたっけ?

姉さんたら、笑いながら

「今度友達のエロ女連れて来るから、
三人で、エロトークしようね」

なんて言ってくださった。


あたし

あたし

脱エロしたの…

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/09/02(水)   CATEGORY: 刺激的ライフ。
クイーン オブ エロ
お友達女子からこんなメールがきた。

「うちの会社の男子が飲みたいって言っててね~。
エロか清純どっちがいいかと聞いたらエロって言うから、姉さん頼むわ(笑)」

そんな。
あたしなんて。
もうエロから遠ざかって
最近結構、清純派だよ。

エロなんて、
期待されるほどたいしたことないし。
そんな。
困る。

とか内心思いながらも、

「いいよ~。
エロってなによッ

こないだ部のダンディー様と
エッチしてる夢見ちゃった。

62歳」

とかリップサービスしてしまう

そんな自分が、好きだ。


夢で62歳に

「もっと、舐めなさいよ」
と言ってた自分が、

怖い。


ちなみに会社の女子に

「私もう脱エロしたのに。
逆にエロと言う先入観があると
ガッカリしますよね」

と打ち明けたところ

「脱出しきれてないので
あながち大丈夫だと思います」

と、なぐさめられました。


いや、ダメだって…
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © LewisiteBlog. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。