FC2ブログ
LewisiteBlog
-ルイサイトブログ-
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/09/08(火)   CATEGORY: 刺激的ライフ。
ワインと魔性
さてさて、昨日のことです。

先日、お友達から誘われた
「うちの会社の男子が飲みたいって言っててね~。
エロか清純どっちがいいかと聞いたら
エロって言うから、姉さん頼むわ(笑)」
とかいう飲み会が早速決行されました。

彼女の会社の同部署の男児4人と
お友達女子と私の6人。

「このこは、飲ませれば飲ませるほど
エロくなるから!
どんどん飲ませて」
という友達(あんた、アタシをどうしたいのさ)

いやでもさ。
私脱エロしたしさ。
彼氏もいるしさ。
こないだ「君は酔うと男に見境がなくなる!」
って彼氏に怒られたばっかりだしさ。

酔わねーよ。
いっても。

って、思ってたのに。

中盤、名刺交換の時
名詞を交換し始めた若者男児3人に、
後れを取った先輩男児。

すでに携帯で赤外線通信とか
やり始めてた私達の姿を見て

「あ、もう名詞いらないね・・
俺の名詞、いらないよね」

こっそり言ってたの。
この時、すかさず

「あたし!

先輩の、名詞ホシイなッ」

って言ってた自分がコエー!
何言っちゃってんの。
キモ。

それからいじりたおされる友達を差し置いて
男児達にちやほやされてカイカンを味わいました。
あー。
ちやほやって、気持ちいー。

でも結構酔ってないつもりだったけど、
帰り際にお店でキャンディーをもらって
気づいたらメンバーの中でも「S」を売りにしてた
年下男児に

「はい

とか言いながら指ごと口に
飴突っ込んでました。

年下「S」男に勝負を挑む私の「S(サガ)」

でも、彼の「S」っぷりも見事で
同じ事、やり返されました。
思い出すとドキドキします。
彼が女ったらしでなかったら惚れてます。

で、その後、メンバーの中でも唯一1年位前に
一度だけ会った事ある男の子と一緒に
駅のホームまでいきました。

顔は綺麗な顔してるけど、体型が
ちょっとメタボ系な彼。
この子も年下で、しかも傍観者タイプの「S」
きっと付き合ったら放置プレイとかするタイプよ!

で、この日は私ったら「エロ」を演じねば・・
とか意気込んでたので、
初めて履くオニューのきわどいハイヒールで無理してて
エスカレーターで思いっきり転びました。
(後ろの人ごめんなさい)

しかもヒールの高さに苦戦して立ち上がれずにいたら、
その子が「何やってんすか」とか言いながら
助けてくれたのがなんか好印象。

惚れそうでした。

ちなみにその後彼と別れてすぐに
全員にそれぞれ違う文面のメールを送りましたが、
お友達女子に対しては

「今度は、あなたと二人っきりで語りたいな」

とか書いてる始末。
こえーよ。自分。

誰でもいいのかよ!
性別もいいのかよ!

ワイン一人で1本くらい開けた気がしますが
ここまでくると
自分の中に魔性が住んでる気がしてなりません。

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © LewisiteBlog. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。