FC2ブログ
LewisiteBlog
-ルイサイトブログ-
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/08/14(土)   CATEGORY: 恋する恋バナ
ホレたハレた
そう言えば私がとあるメンズに
恋しそうになった瞬間の事
思い出しました。

ある時ワイシャツにランチで
シミを作ってきた彼。

たまたま私がシミ抜きを持ってる事を
報告すると、
シミのついた胸を突き出してこう言った

「ホラ、ちゃんとシミを抜いてよ」

彼の鍛え上げられた胸に
シミ抜き垂らしてポンポンするの
もう顔も見れないほど、
ドキドキしたわ。

それからしばらくして、
私不覚にも会社のデスクで
大泣きしたことがあったの。

仕事しなきゃいけなくて、
泣きながら仕事してたらさ。

その彼、急に私の後ろから
ニュって私の頭の上のあたり
顔覗きこむようにして

「邪魔してもいいですか」

って微笑みながら。

彼の顔見たら止まりかけた涙溢れて
ウッって顔背けちゃったけど、
あれ心臓ギューンと掴まれたよね。

こないだ部の女の子に

「もし私が彼とカラダの関係にでもなったら、なんか、とっても申し訳ない気持ちになりそうです」

って言ったら

「大丈夫。

向こうの方がもっと申し訳ない
気持ちなはずだから」

って言われました。

彼…63歳、白髪ダンディー。

2人で飲みに行ったら
何が起こるかわからない…
と確信してるあたし。

ダンディー様。
父親より年上。

定年しないで欲しいなぁ。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © LewisiteBlog. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。